tamurafarm-2.jpg



堆肥部02.jpg

平成11年11月施行の家畜排泄法施行以前の平成8年から堆肥施設の運転を開始し、発酵堆肥の生産に取り組んで参りました。

長年の取り組みにより、堆肥の生産管理はシステム化し品質の高い堆肥を安定的に生産し供給する態勢を整えております。

生産された堆肥は取引業者様に納品される他、自家利用や近隣農家との耕畜連携をはかり利用されています。



IMG_1564.JPG
一次発酵施設
牛舎から出された牛糞をストックしておきます。
ここで約2〜3ヶ月、発酵させます。


91CD94EC2.jpg
一次発酵施設で完熟堆肥となったものを
攪拌発酵施設で発酵乾燥させます。
約一ヶ月、この施設で一日一回攪拌します。



IMG_0773.JPG
攪拌発酵施設から出た堆肥は、さらに製品保管庫で約一ヶ月程度エアレーションをしながら発酵させます。


IMG_1655.JPG
このときの温度は80度近くまで上昇します。
病原菌群や寄生虫は死滅します。



IMG_1583.JPG

全行程約4〜5ヶ月で出来上がった堆肥は無臭に近く、乾燥分解度の高い安全な堆肥の完成です。
ふかふか土壌の育成には欠かせません。






ページトップへ